仮性包茎の、特徴やデメリットを紹介します

仮性包茎は毎日洗えば、衛生面では問題ありません

多くの日本人男性を、悩ます問題で「包茎」というものがあります。男性の性器である亀頭まで、包皮に覆われるので不衛生になりやすく、女性から敬遠されてしまうのです。包茎には、大きく分けて「仮性」や「嵌頓(かんとん)」と「真性」の3種類があります。この3種類の中で、実は仮性だけが毎日洗えば、不衛生にならず問題はありません。仮性は他の包茎とは違い、痛みを感じることがなく包皮をめくることが出来るからです。毎日包皮をめくり、性器を洗えば不衛生にならないので、特に問題がないので軽症の包茎と言えるのです。

仮性包茎は、数多くのデメリットがあります

仮性包茎は、毎日洗えば衛生面では問題ないのですが、その他に問題があります。清潔にしていても女性からは、包茎というだけで敬遠されてしまうのです。そして男性も、ご自身が包茎であることを、恋人や奥さんに知られたくないかたもいます。そして勃起していない時は、包皮に覆われているので、勃起時には包皮が覆われない状態になると、敏感になりやすいです。そうなると早漏になり、性交渉をする相手から不満に思われてしまうのです。結婚している夫婦では、早漏が原因でセックスレスになり離婚される場合もあるのです。このように仮性包茎は、清潔にすることは出来ますが、多くのデメリットがあるのです。

仮性包茎は、治すときに治療費が抑えられません

仮性包茎は、多くのデメリットがあります。しかし手術をすることで、包茎は治すことができるのです。多くの病院などで、包皮が覆われないように余っている部分をカットする手術を行います。手術をすれば解決するのですが、問題は治療費です。仮性の場合は、日常生活に支障がないので、保険の対象外で医療費が抑えられないのです。嵌頓や真性の場合は保険が適用されるので、病院で手術をする場合は自己負担が3割で済みます。しかし病院で手術をする場合は、あくまでも病気を治すのが目的ですから、手術をしたあとが目立ちやすいのです。しかし病院以外には治療費は増えるかわりに、手術をしたあとを目立たせないようにしてくれるところがあります。そのようなところで、治療してもらえれば治療費はかかりますが、恋人や奥さんにも気づかれないでしょう。

不衛生であるのと見た目が悪いので仮性包茎を改善する人もいます。クリニックでカウンセリングを受けて改善を目指せます。